ポジティブな気分になるインテリア特集

気分がポジティブになれるインテリアの例をご紹介

心が上向きになる環境づくりを

明るい色合いを取り入れて

ポジティブな気分になるインテリアに活用するなら、やはり明るい気分になれる色を配置するのは最適です。
例えば、黄色やオレンジといったビタミンカラーは、元気になれる色合いなので、ポジティブな気分になりたい方にはオススメの色合いです。
ただし、色の使い方にもポイントはあるようです。
既存のインテリアとの相性も考えなければなりません。
また全てをビタミンカラーにしてしまうと、色がありすぎて目が疲れてしまいます。
オシャレなビタミンカラーの取り入れ方、とくにインテリアの成功例としては、一点ポイントとなるインテリアをビタミンカラーにするという方法です。
例えば、ウッドや茶系のインテリアが多い中に、オレンジ色の1人掛けのソファーを加えてみる。
茶とオレンジの対比で、ソファーがより鮮やかにそしてポジティブな環境にすることができます。

統一感を保つことでインテリアの魅力も

色によるポジティブな環境づくりの際に配慮するべきは、使う色に統一感を持たせるということです。
赤系の色合いを取り入れるのなら、ただ赤色のインテリアを加えるのではなく、赤系統でグラデーションにしてみましょう。
例えば、赤色の素敵なクッションカバーを見つけたなら、ピンクや深紅など色のグラデーションになるよう複数用意してみる。
さらにクッションの周辺にも、例えばテーブルクロス等に赤色と同系色のものを加えてみると、さらに統一感のある空間を作ることができます。
もちろん、クッションだけでなく例えばカーテン等でも可能です。
例えば緑色のカーテンに変えて、その周辺にフェイクリーフや観葉植物を加えてみる。この場合には、植物の緑によっても心が癒され、ポジティブな空間作りが可能になるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る